水中可視光通信概要

水中可視光通信について
可視光通信通信技術を用いた「水中可視光通信」は、ダイビングをより安全に楽しくする次世代ガジェットとして、株式会社21ざまみ株式会社リセ慶應義塾大学特定非営利活動法人沖縄県ダイビング安全対策協議会株式会社中川研究所により共同開発されました。これによりバディ同士のコミュニケーションを飛躍的に向上させ、ダイビング初心者がジェスチャによるサインを忘れた場合でも音声会話によって意思を伝えることができるようになり安心感を向上させます。

水中可視光通信技術は、ダイバーが発した声をLED型水中ライトに接続されたマイクで拾い、声を水中ライトの光波に乗せて相手ダイバーへ送ります。可視光を受信したダイバーは、受信機で受けた光波から音声を取出し、骨伝導スピーカーにより声を認識します。水中可視光通信技術によりダイビングの楽しみ方が変わります。

水中可視光通信セット