可視光IDシステム開発キット利用方法例

可視光IDシステムの利用例をご紹介します。

写真(上)に示すようなLED搭載のスポットライトがあります。
LED光源の駆動回路に可視光ID用の変調回路を搭載することで、IDの送信を行います。
スポット光に載せられた可視光IDは、写真(下)に示すような受信機によってその情報が取り込まれます。

復調されたIDは、シリアルインターフェイス(USB)を通り接続されたPC等の端末に取り込まれます。

取り込まれたIDは、端末内の他のソフトウェアとリンクすることによって、色々なアプリケーションを実現できるようになります。

LED搭載スポットライト
(LED搭載スポットライト)

可視光IDシステム受信機
(可視光IDシステム受信機)

可視光IDキットサブメニュー