画像データ配信システム

画像データ配信システム」は、通信機能付きLED照明から配信される画像データ(静止画および動画)を、画像データ受信端末で受信するというシステムです。照明ごとに情報を変えることができ、リアルタイムかつ迅速に情報の更新・修正等を行なえますので、例えばスーパーマーケットでのタイムセール用クーポンの配信など、売上促進リピーター作りマーケティングツールとしての活用が考えられます。

「画像データ配信システム」の仕組み

画像データ配信システムの仕組み
(画像をクリックすると拡大します)

【照明/送信側】
照明を目的とするLEDの可視放射光波を高速的に変調させることにより、通信キャリヤとして利用し、単方向で動/静画像データ伝送を行います。I-4PPM (Inverted Four Pulse Position Modulation) 変調方式により、どのようなデータを変調しても、必ず3回点灯するため、照明と通信両方を確保できます。
【受信側】
受信ドングル付きiPad/iPod touchなどを受信端末として、LED電球からの画像情報を受け取り、iPad/iPod touchの画面に表示します。

「画像データ配信システム」イメージ図

画像データ配信システムイメージ図
(画像をクリックすると拡大します)