利用方法例

「データ配信システム」には、「音声データ配信」と「画像データ配信」の2通りがあります。それらの利用例を以下に挙げます。

美術館での利用例(音声データ配信システム)

美術館での利用例(音声データ配信システム)
(画像をクリックすると拡大します)

通信機能付きLED照明に、名刺サイズの音声データ受信端末「Aimulet(アイミュレット)」の受光部を向けて耳元にあてると、その作品に関する音声案内が聞こえてきます。「音声データ配信システム」は照明ごとに情報を変えることができ、情報の更新・修正等も簡単に行なえます。

スーパーマーケットでの利用例(画像データ配信システム)

スーパーマーケットでの利用例(画像データ配信システム)
(画像をクリックすると拡大します)

スーパーマーケットなどでは「画像データ配信システム」を利用して、受信端末に来客専用のクーポンを配信するということもできます。照明ごとに情報を変えることができ、情報の更新・修正等も簡単に行なえますので、タイムセール用クーポンの配信など、売上促進やリピーター作りのマーケティングツールとしての活用が考えられます。

博物館での利用例(画像データ配信システム)

博物館での利用例(画像データ配信システム)
(画像をクリックすると拡大します)

画像データ配信システム」は動画も配信できます。例えば、博物館で展示品に関する動画と音声での説明により、ビジュアルを通して来館者が理解を深めるツールになります。また、希望者には動画コンテンツを販売することで、売上向上につなげることもできます。